車検・整備

車検費用ってどのくらいかかるもんなのか普通車の法定費用とは?

2016-09-15

車検については、

前にも書いたような気もしますけど

車の健康診断車検!実際車検って何しているの?

こちらですね!

車を乗るうえでは、

もう2年かよ・・・。

今年車検あるじゃん!

車検ってどのくらいお金がかかるのか・・・。

正直に言いますと

店によって違います!(笑)

ただ必ずかかる金額ってあるんですよね!

それが諸費用、または法定費用と言われるものなんですが、

大体どのくらいかかるものなのか、

ちょこっと紹介しますね!

車検費用にかかる金額の法定費用は?

2年に1回の車検があるんですけど、

その時は大体整備代のほかに必ず法定費用というものが発生するんですけど、

まず法定費用って何?

そんな人もたくさんいると思います!

法定費用とはまず何なのでしょうか?

法定費用とは?

法定費用とは何があるのでしょうか?

  • 自賠責
  • 重量税
  • 印紙代

これらは必ずかかるものなんですね!

自賠責は車を乗るうえでは必ずかけなきゃいけない保険になります。

任意保険とはまた別になるものなのですが、

これは必ずかけなければいけない保険になりますね!

重量税はまぁ税金の一つです。

自動車税は毎年来ると思うのですが、

自動車税とは別のものになります。

重量税に関してみると、

2年に1度かかる車に関する税金ですね!

次に印紙代ですが、

よくわからないと思います。

印紙代って車検を受けるうえで国に出す手数料になります。

しかもこの手数料は、

整備工場によって違います!

正確には整備工場の種類によってってところですかね?

普通車の法定費用は?

自動車にも種類がありまして、

普通車、軽自動車、貨物自動車など様々な種類があるんですが、

ここでは一般的な普通車の法定費用を

自賠責は24か月を基準に考えます、

24か月では27,840円

重量税は車の重さで違いが出てきます。

重量税に関してみたら、ホントに車によって違いが出てきてしまうので、細かい金額はなかなか出しずらいのですが、

基準になるかわからないのですが、

2tまでですと32,800円

になります!

印紙代はディーラーなどの指定工場を基準に考えますが、

大体1,100円になります!

それらを合計しますと、

61,740円になります!

多少の前後はありますけど、

これが車検の時にかかる法定費用になります!

この金額は必ずかかる金額だと思ってください!

法定費用の他には?

法定費用はこんな感じなのですが、

他にもかかる金額もあります。

車検整備代ですね!

これこそ整備工場によって差が出てきますので、

何とも言えないのですが、

  • 車検基本料金
  • 代行手数料
  • 整備工賃
  • 部品代

などが多くあります。

法定費用整備代を含めたものが車検費用になるんです!

そして整備代は整備工場によってまちまちですけど、

法定費用はどの整備工場でもかかる金額は変わらないんですよ。

印紙代は別ですけどね!

これら法定費用は国が決めていることなので、

整備工場は勝手に改変できないようになっています。

車検代に差が生じるとしたら、

それは整備代の方なんですよ!

車検代を安くするには?

正直車検は高くつきます。

ましてや国が関係、

法律が関係しているのでなおさらです!

安く済ませるには、

少しでも安いところを探すしかないと思います!

車検を通すことができるできないは、

整備工場によっても違いが出てきますし、

そういうのがあるので、

まずは見積もりを取ってから、

比較してみて、

車検を受けるようにしたらよいのではないのでしょうか?

 

自分の愛車の価値って知ってますか?

大事な愛車から新しい車に乗り換えるときに損をしないためにも
自分の愛車の価値は知っておくべきです!
ディーラーに下取りに出せばいいやなんて思っていたら大間違い!
大事な愛車だからこそ本当の価値を知るべきなんです!
ディーラーで10万の価値って言われても、実はもっと価値ある車の可能性も大!
一括査定サイトを使って、大手の下取り会社最大10社があなたの愛車の本当の価値を出してくれます。

詳しくはこちら↓↓

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-車検・整備

Copyright© Garage~Auto MeCar~ , 2019 All Rights Reserved.